美肌を維持するスキンケアは・・・

食事と美しさは密接に関係していますので、バランスの良い栄養をしっかりと体内に取り入れることで、美肌をキープすることが実現できます。

シイタケやイモ類、ゴマのような野菜、豆類、海藻や魚のような魚介類、ヨーグルトなどの乳製品、玄米や野菜のうち色がくっきりしているナス、トマト、タンパク質などをバランス良く摂取することでアンチエイジングにも効果的になります。

また、食事と同時に、毎日、十分な睡眠を摂ることも必要です。

皮膚が代謝することと言えるいわゆるターンオーバーというのは、深夜の睡眠のゴールデンタイムで盛んに行われます。

眠っている間が、理想的な美肌に必要な時間と考えるべきです。

しかし、なかなか思うようにスキンケアが行えないという方が多く、「以前、美白重視のスキンケア化粧品を使っておりましたが、肌に一致しなくなり、保湿とアンチエイジングに、力点を置いた化粧品へチェンジしました」という女性がいらっしゃいました。

水分を保つ力が低下すると肌トラブルが頻繁に起きやすくなってしまうので、この選択は有効かもしれません。

このように、美肌の秘密をはっきりというと、肌の水分をどれくらい保つかという部分につきます。

水分量が豊富ならば最高の肌触りのしっかりとしたハリをもち、プルンプルンの潤った肌になります。

では、保水力をもっと高めるには、どのような美肌のケアをしていけば良いのでしょうか?

保水能力向上にオススメのスキンケア方法は、血行を正常にする、セラミドやヒアルロン酸などの肌に良い美容成分をたくさん含んだ化粧品を取り入れる、正しい洗顔法を学ぶという3点です。

血行を良くするには、ウォーキングやジョギングなどの運動をすることが有効です。

空き時間があるときは、積極的に外に出て運動するように心掛けましょう。

また、外で運動することで、ストレスの解消にもなり、ストレスの影響による弊害を防ぐことができます。

次に、セラミドやヒアルロン酸などの美容成分を含む化粧品ですが、もともとセラミドは、人の肌の表皮という部分で、水分の蒸発を防ぐという働きをし、また、外部からの刺激や異物が侵入しないようにブロックするバリヤ機能を形成しています。

一方のヒアルロン酸は、表皮の下に位置する真皮と言う部分に存在するゼリー状の物質で、水分を蓄える働きがあります。

その他にも、保湿に有効な成分は、コラーゲン、エラスチンなどがあり、多くの化粧品に使われています。

最後に、洗顔法ですが、まずは、洗顔し過ぎに注意しましょう。

洗い過ぎは、肌の乾燥を招くことになりますので、洗顔は、朝と夜の2回で十分です。

最初に、ぬるま湯で顔を濡らし、洗顔料をよく泡立てて、泡で汚れを落とすように優しく丁寧に洗いましょう。

決してゴシゴシと力強く擦らないように注意して下さい。

そして、最後は、生え際やあごなどに泡が残らないようにすすいで下さい。

こうしたスキンケアの基本となる3点を身につけることが、美肌維持につながります。